会社組織から解放され自由な人生

独自ドメインと無料ドメインについて

http://www.spcourt.com/tokuten/affilisystem.jpg

ドメインの役割は、大きく下記二点になります。

 

1 上述している通り「ドメイン」は自分のサイトの住所(URLの一部)となり
  会社や自分のサイト(ブログ)を持つ時に必須となります。

 

2 ドメインはメールアドレスを生成することができます。
  さらにメールアドレスにも使用されています。
  例えば、みなさん使用している「Gmail」
  メールアドレスは「●●●@gmail.com」となってますが、実は「@」以降の
  文字列が「ドメイン」となります。

 

  Gmailの場合、「gmail.com」ですね。
  なので、当ブログのドメイン「viral-community.com」の場合、「●●●@viral-community.com」

 

 

  もちろん使用もできます(メールサーバーを用意する必要がありますが)
  この2点が、「ドメイン」の主な役割になります。

 

ドメインの取得について

 

  最後にドメインの取得についてですが、ドメインは「誰でも取得すること」ができます。
  ただし、既に誰かが取得しているドメインについては
  取得することができません(完全に先着順です)

 

  なので、例えば「viral-community.com」というドメインは、既に私が取得しているので、
  誰も「viral-community.com」に関しては、取得することができません(私が手放さない限り)
  世界中で、同じドメインが二つ以上あるという状況は無いのです。

 

  では、気になる料金ですが、ドメインの種類(トップレベルドメイン)によって、価格は変わってきます。
  一般的に、下記のような感じでしょう。

 

  【.com】:年間1000円
  【.net】:年間1000円
  【.jp】:年間3000円
  【.co.jp】:年間4000円

 

  ※価格の参考元は、ドメイン取得業者「ムームードメイン」の
   ドメイン価格一覧表→【ドメインの価格一覧表】
   「.jp」や「.co.jp」は、日本のドメインだけあってやはり高いですね。

 

   価格は、ドメインの種類によって変わりますが、トップレベルドメイン以
   前の文字列(下記)を何にしようが価格は変わりません。
 
独自ドメインと無料ドメインについて

 

   独自ドメイン・・・上述している「ドメインの取得業者」を利用して取得するのは、
   全て「独自ドメイン」になります。特徴としては、取得するのにお金が掛かりますが、
   一つのドメインに対して、自分(自社)のみ利用することができます。

 

   無料ドメイン・・・名前の通り、取得するのにお金が掛かりません。
   ですが、一つのドメインに対して複数人が利用する事になります。
   分かりやすい例で言うと、無料ブログサービスが当てはまります。
   例えば、アメブロやライブドア、FC2等

 

 

 

 

PS
個人的には費用はかかりますが、独自ドメインをお勧めします。
無料ドメインは無料プログになるので、いつ削除されるかわかりませんし、
関係ない広告も張られるのでお勧めしません。

 

SEO(検索上位表示対策)不利になるので、
本格的に稼ぐなら独自ドメインのほうが有利になります。

 

 


関連ページ

タダで情報を得ると真剣さがなくなる
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ
サーバー、ドメインの費用
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ
完全無料は危険
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ
アフィリエイトの情報教材について
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ
アフィリエイトの経費
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ

このプログの目的 自由になるには アフィリエイト基礎講座 自由な人生が手に入る教科書 仲間募集中