会社組織から解放され自由な人生

退職の流れ

ここを見ていると人達はいつかは会社を辞めたい。
自由な人生を手に入れたい。

 

アフィリエイトで成功したから退職したい
様々だとは思いますが、
せっかくですので今回は退職の流れを説明したいと思います。

 

 

 

退職までの流れ

 

退職までの流れを大まかに解説すると以下のようになります。
退職意思を上司に伝える(退職希望日の一か月以上前に伝える。社内規定要確認)

 

 

業務の引き継ぎ

 

1 退職願の提出(具体的な退職日が決まってから)
2 退職(退職日には会社に返却するものと会社から受け取るものを確認します。また挨拶も忘れないように)
3 退職希望日の何日前に退職意思を伝える必要があるのかどうかは、社内規定に記載されているので、しっかりと確認しましょう。
4 多くの企業では一か月以上前に伝えるよう規定されていますが例外がある場合もあります。

 

 

  続いてはこの流れに沿って、退職各注意点について解説していきます。

 

退職意思を上司に伝える

 

まずは退職意思を上司に伝えましょう。

 

 

どれだけ会社に恨みがあっても、上司が嫌いでも、ドラマのようにいきなり退職願を提出するのはマナー違反です。

 

 

まずは退職する意思があることを口頭で伝えるようにしましょう。

 

 

また、退職意思を伝える時に注意するべきことは以下の3つです。

 

1 退職の相談ではなく“報告”をする

 

2 最初に、上司に伝える

 

3 退職意思を伝えたら後戻りはできないと心得ておく

 

この3つについて詳しく解説します。

 

 

退職は相談ではなく報告する

 

退職意思は「相談」ではなく「報告」に徹することが大切です。

 

 

「退職しようと思っているのですが……」というように相談してしまうと、高い確率で上司が引き止めにかかります。

 

 

直属の部下が辞めてしまったら自分の管理能力が問われることになりますし、職場の士気にも影響を及ぼすことになるからです。

 

 

相談すると無駄なやり取りで時間を無駄にする可能性があります。

 

 

「辞めさせてください」「辞めようと思うのですが…」ではなく「退職を決意しました」
「退職させていただきます」といったように自分の決心を伝えるようにしましょう。

 

 

「辞めるのは当然で、あと退職する日付を交渉するだけ」という姿勢を堅持して退職交渉に臨めば、スムーズに退職できるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くれぐれもこんな感じにならないように(笑)

 

 

 

 

 

 

最初に上司に伝える

 

退職の意思を上司より先に同僚や先輩に伝えるのはNGです。

 

 

もし同僚の口から上司に伝わったとしたら、上司のメンツは丸つぶれです。

 

 

「信頼できる同僚、上司だから大丈夫だろう」と思って話してしまう人がいますが、結局上司に伝わってしまうケースをよく聞きます。

 

 

退職の意思を最初に伝えるのは必ず直属の上司にしましょう。

 

 

 

退職意思を伝えたら後戻りはできないと覚悟する

 

 

退職願を提出する

 

 

退職意思を伝え、具体的な退職日が決まったら退職願、もしくは退職届を提出します。

 

 

退職日が正式に決まってから退職願を提出する

 

 

退職願の提出日は退職日が正式に決まってからとなります。
映画やドラマのようにいきなり上司に辞表を提出するようなことは絶対にしてはいけません。

 

 

まずは、口頭で退職意思を伝えて、退職までのスケジュールを調整しましょう。
具体的な退職日が決まったら、退職願を提出します。

 

 

業務の引き継ぎをする

 

 

社会人として業務の引き継ぎはしっかりと行うようにしましょう。

 

 

引き継ぎをしっかり行わないと次の会社で悪評が立つ恐れがあります。また辞め際が悪いと、
前の会社でお世話になった人との繋がりが切れてしまい、人脈を全て失うことになります。

 

 

 

有休消化

 

最後は残っている有休を習得して、
好きなように過ごしてください。

 

 

引継ぎさえしっかりとしていれば特に問題はありません。
有休も計画を立て、有休日を想定して退職日を決めましょう。

 

 

 

退職日までに返却するものと受け取るもの

 

会社に返却するもの

 

●健康保険証
退職後、任意継続保険者となる場合はコピーを取って返却します。
任意継続保険者とは退職後、その会社で加入していた健康保険に最長で2年間加入できる制度です。

 

 

●社員証

 

 

●制服・作業着(ある場合)
あらかじめクリーニングをして返却するようにしましょう。

 

 

●会社から貸与されていたもの(事務用品、PC、携帯電話など)
ロッカー借りていた場合はしっかりときれいにして返却します。

 

 

●名刺
会社から受け取るもの

 

 

●年金手帳

 

 

●雇用保険被保険証
雇用保険の手続きの際に必要になります。次の会社でも保険に加入する場合は必要となるので、忘れずに受け取りましょう。

 

 

●健康保険被保険者資格喪失証明書
在職中に加入していた健康保険を脱退したことを証明するもので、退職後、国民健康保険に加入する際に必要になります。

 

 

●退職証明書
会社に請求しないと受け取れない書類。再就職をした際に、前の会社に本当に在籍していたのか、
本当に退職したのかの証明になる書類です。
必要となる場合もあるので年のため、会社側に請求しておきましょう。

 

 

●離職票
失業保険を受ける際に必要となります。退職当日ではなく、
退職日の前後10日の受け取りとなります。転職先が決まっている場合は気にする必要がないかもしれませんが、
離職期間が長くなる可能性がある場合は必ず受け取るようにしましょう。失業手当を受け取ることができなくなる恐れがあります。

 

 

●源泉徴収票
退職した年の確定申告で必要となります。転職した際は、転職先で年末調整をしてもらうことになるので、忘れずに受け取るようにしましょう。

 

 

●厚生年金基金加入員証
厚生年金に加入していた人が渡されるものです。基金の年金請求時に必要となります。

 

 


関連ページ

情報収集は1つに絞ろう
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
アフィリエイトなんかやりたい人なんかいない
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
情報商材アフィリエイトの意外なメリット
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
100記事
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
記事更新は意外に大変
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ
コピペいいですよ!
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
老後の不安を消すにはサラリーマンでは無理
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
自由になる為にはどれを選べばいいの?
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
お勧めツール(無料)
アフィリエイトで自由に生きることを決意した 30代独身男のプログ
アフリエィト初心者が稼ぐ為に必要なこ
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
ハローワークで就職は辞めたほうがいい
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
社畜とは?
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
社会に適応できない人が読むページ
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
実名、顔出しは必要?
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
アフィリエイト 高額塾に入るべきか?
アフィリエイトで起業! 月収 50 万を稼いで独立を目指す! 30代独身男のブログ
アフィリエイト初心者で成功するには
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
40歳で会社を退職したい理由
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
ブログ記事1日1記事書くべきか?
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ
ネットビジネスは楽に稼げない 詐欺には注意しよう
アフィリエイトで起業! 月収 100 万を稼いで独立を目指す! 元ホストのブログ

このプログの目的 自由になるには アフィリエイト基礎講座 自由な人生が手に入る教科書 仲間募集中